調剤薬局がお届けする 薬剤師の募集について

内定ゲットの秘訣@応募書類の書き方

まず就職面接は書類選考から始まると思いますが、ここが一番の関門といっても過言ではありません。面接時に直接お話する機会があれば自分の医療に対する熱い気持ちや今までの経験や今後のビジョンなどをお話することができると思います。が、そこに行きつかないことも多々あるのではないでしょうか?

 

それではどうやってそのステップに進んでいけるか秘訣を書いてみたいと思います。採用担当者は、まず応募書類で第一段階の判断をします。応募書類は、「あなた」を表現する書類なのです。一番の選考基準は『この人に会ってみたい』と思われるかどうかだけです。他の応募者と同じような内容では目にも留まらないでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

一番大切なことは「他の応募者とは違う自分だけの書類」を作ることです。自分が今まで携わってきた医療でのエピソードや患者さんに対する気持などをしっかり書いてみましょう。その際には自分自身を客観的に見つめて的確に自分自身のアピールポイントを伝えることが大事です。エピソードをストーリー仕立てにわかりやすく表現してもいいと思います。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

やはり書類というものは語ってはくれませんが、書き方によっては語らす事も出来ます。採用担当者に『どんな人だろう?』『会ってみたいな?』そのような印象を与えることができれば書類選考は通過できるでしょう。ここからが面接、本番です。

 

薬局