調剤薬局がお届けする 薬剤師の募集について

内定ゲットの秘訣A面接での対応の仕方

面接とは、採用担当者との問答だけが面接と考えている方が多いみたいです。ただそれは間違いと言っても過言ではありません。面接とは会社に入る瞬間から始まっています。

 

某企業では人事担当者を受付に座らせ、その時点での対応や服装などをチェックしている企業もあります。よって面接とは自宅を出た時点からが面接と考えるのが一番だと思います。確かに気が抜けなくてしんどいかもしれませんが、自分の人生を決める勝負に行くのです。それぐらいの覚悟が必要でしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

それでは面接時の注意点を何点か挙げておきましょう。まず予定時間の10分前には面接会場の受付をしましょう。たまに30分や1時間前から来てやる気をアピールしようとしている方がいらっしゃいますが、はっきり言って逆効果です。そんなに早くこられても迷惑以外のなんでもありません。その辺りは良識を持って挑んでいただけるとよいでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

さて面接になってからですが面接官の質問に対しては結論から答えましょう。それに対して説明を補足していくイメージで。 起承転結で順だってお話しされる方がいらっしゃいますが、なかなか結論に至らず、話が長く、結局何が言いたいか分かりません。 ですので、最初に「私は○○のように考えます」と結論を言い「なぜなら」等の前置きで説明に入るといいでしょう。面接ではいかにこちらのペースに持っていくかが合格への近道です。

 

薬剤師 転職