調剤薬局がお届けする 薬剤師の募集について

薬学部教員・麻薬取締官など

薬局や病院以外にも薬剤師免許を活かせるお仕事があります。 例として薬学部の教員や麻薬取締官などが挙げられます。共に就くにはなかなか難しい試験や条件がありますが、将来のビジョンとして思い描いていてはいかがでしょう?簡単ですがご説明しておきたいと思います。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

まず麻薬取締官はその職務の性質上、ほとんどの方が大学の薬学部出身者の方が多いです。募集の際の多くは取締官事務所からゼミの指導教員を通じてリクルートが行なわれています。

 

また薬学部の職員に関しては各大学や専門学校によって募集内容や募集時期などは異なってきます。とくに欠員補充の場合が多く、決まった時期でないことが多いです。薬学部の職員の求人に関しては主に学校のホームページから募集されることが多いです。受験と同じように試験や面接が少し多いように感じますが、未来の薬剤師を育てながら、自らの研究もできる職場には魅力が溢れています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

このように、一言で薬剤師といってもいろいろな可能性を秘めている資格でありお仕事であります。薬剤師には薬局や病院しかないと限定してしまうのでは無く、ちょっと違った視点で募集を探してみてはいかがでしょうか?

 

薬局