調剤薬局がお届けする ドラッグストアが薬剤師をほとんど募集しなくなった理由

ドラッグストアが薬剤師をほとんど募集しなくなった理由

ドラッグストアには、それぞれに経営ノウハウがあり、地域住民の生活に密着した事業を展開している。ドラッグストアは、一般用医薬品や化粧品、シャンプーなどのトイレタリー商品を中心とした量販部門で急速な成長を遂げています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

ドラッグストアの大手にはダイコクドラッグやマツモトキヨシなど一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか?そのような大手は豊富な資金力で調剤部門を併設する会社が増えてきました。一般的には、一般用医薬品を扱う量販部門に調剤室を設置することが多い傾向が見受けられます。このような店舗で働く薬剤師さんは、「粉剤や漢方薬の調剤は時間が必要なので、少し時間をいただくことがあるんですよ」という。休日も営業するドラッグストアに対する患者やお客さんの期待は大きいと思います。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

調剤部門を設置するドラッグストアの中には、調剤部門を分離独立させて単独企業として活動させる会社もあり、調剤部門を持つドラッグストア企業といっても、勤務実態については会社によって様々だ。 就職の際に希望すれば調剤部門で働き続けられる会社、本人の希望を考慮する会社、最初の1年間だけ調剤部門に配属する会社などがあり、それぞれの会社で方針が違います。

 

都市部を外れた調剤薬局やドラッグストアの中には、面接だけで選考を行う会社もあります。

 

薬剤師 募集