調剤薬局がお届けする 薬剤師の募集について

薬剤師のコミュニケーションはどう評価されるの?

「笑顔」!!これに尽きると思います。「笑顔」が押し付けがましいと思うなら「微笑」にしましょう。 どちらにせよお客様は体調がすぐれない状態で薬をもらいに来てます。その最中に「ムスッ」とした顔で接客されると体調も悪くなるでしょう。

 

確かに、「笑顔」は表情のベースには必要です。 私たちは、商品を売買する営業ではないのですから・・・ 相手からの「信頼」を得なくては、医療人として役に立てないからです。患者さんの話を一生懸命に聞くことを、自分の中で大切なことだと意識していればそこに真剣な何かを感じ取ろうとする表情が、 まず現れるはずです。そういう時の同意の票強が患者さんが話し易い環境を作るのには必須です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

患者さんのお話に対して、薬剤師が情報提供を行うときには微笑みに真剣な表情を織り交ぜて、その時患者さんが必要としているお話をして下さい。その後、患者さんが納得して安心感を感じたときにこそ、薬剤師側にも、信頼を呼ぶ「笑顔」が必要なのです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

相手の表情から読み取れる感情を、共有しているとアピールする薬剤師の表情が大切な要素となります。コミュニケーションとは相手の立場に立ちどうしてほしいかをくみ取れる能力のことだと思います。

 

薬剤師国家試験